案件

生命保険会社業務システム開発支援

案件詳細

・大手保険会社であるW社は、自社システムの開発・改修を、毎年数十件単位で継続的に実施していた。
・上記に加えてこの度、新しい保険商品の開発に向けて、大規模なシステム改修の必要が生じた。

クライアント課題

・情報システム部門において、システム改修のPMOを担っていた人材が急病により、プロジェクト途中で休暇に入った。
・システム開発のPMO業務経験のある社内人材は、全員並行して進行中の別プロジェクトにアサインされていた。そのため、社内に当該PMO業務を担当できる人材がいなかった。

WithConsulに期待すること

下記条件を満たす人材の紹介
・保険業界の業務知識を持っていること
・システム開発のPMO経験があること
・すぐに案件に参画できること

プロジェクトにおけるコンサルタントの成果

・当該コンサルタントがシステム改修のPMOとして稼働した結果、スケジュール通りシステムをカットオーバー

プロジェクトにおけるWithConsulの成果

・状況を考慮し、保険業界での経験が長く、プロジェクト推進力の高いコンサルタントをアサイン

クライアントからの声

・今回、急病により休暇に入った社員は、これまでもずっとシステム改修のPMOを担っていた人材であり、情報システム部のエース的存在であり、外部の人材にこの重要なプロジェクトをお任せするのは正直不安もあった。WithConsulの担当者の方はその不安も理解してくださり、1か月毎にコンサルタントのパフォーマンスに関するフィードバック、確認を実施していただき、不安を最小にしていただけたことで不安を最小限にすることができた。

おすすめの記事