中国湖北省武漢市より流行したとされる新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)は、2020年3月現在感染拡大が続いており、日本も例外ではありません。

エアロゾル感染のおそれのあるウイルスの流行を受けて、一部企業ではラッシュを避けた通勤やリモートワークが推奨されるといった動きが見られます。

そこで、この新型コロナウイルスがフリーランスのコンサルタントの仕事環境に与える影響や、平時からの心がまえを記載します。

新型コロナウイルスの影響による働き方の変化

新型ウイルスの感染拡大により、ヤフー株式会社では全従業員6500人に対し時差出勤を促し、NTTグループでは約20万人の社員に対し時差出勤やリモートワークを推奨しました。

また、GMOインターネットグループでは1月27日と早い段階からリモートワークへの切り替えを行い、その対応の早さがSNSやメディアで話題となりました。

こうした動向がコロナウイルス対策として効果的な一方で、フリーランスのコンサルタントにとっては痛手にもなり得ます。

具体的には、新規案件にジョインするタイミングが遅れる可能性があります。案件に参画したタイミングで遠隔で仕事を行うことは非常に難しく、またクライアント企業からしても馴染みのないフリーランスにタスクを振ることはリスクになり得ます。

一方、案件に既にアサインされており、平時からリモートワークを行っている方は環境に変化がありませんので、ウイルスの拡大のような事態の影響を受けづらいとも言えます。

当サービスWithConsulの案件でも、実際にコロナウイルスの影響によりアサインが遅れるケースが発生しています。その一方で、リモートワークの導入サポートを行うコンサル案件も生じています。

新型コロナウイルスの影響に見る平時からの心がけ

今回の新型コロナウイルスだけでなく、過去にもSARSやMERSといった世界規模での感染拡大が起こったケースがあり、今後も細菌感染症が蔓延する可能性はゼロではありません。加えて、フリーランスのコンサルタントが受注できる案件数は、国内の景気動向にも左右されます。

そのため、今回の新型コロナウイルスのみを視野に入れるのではなく、平時より案件数が縮小するリスクを想定しておき、継続的に案件に参画できるような心がけが肝要です。具体的な心がけをご紹介します。

まずは複数の営業先を持っておくことが非常に大切です。1つのクライアントとの繋がりしかない場合、そこからの受注が閉じられてしまうとその瞬間からアベイラブルになってしまいます。

また、現時点で繋がりのあるクライアントからバイネームでオーダーされるような人材になっておくことも大切です。自身に専門的な得意領域があったり、クライアントとのラポール形成が出来たりしていると、替えの効かない人材として重宝されます。

さらに、フリーランスコンサルタント向けの案件紹介を担当するエージェントとの関係性も大切で、直のクライアントだけでなくエージェントにも自身のバリューを示しておくことが大事です。

このような案件受注のための心がけは、今回のような大規模な労働環境の変化が起こったタイミングで必要性が増すように感じられますが、平時からその意識をもって行動している人こそ優秀なフリーランスのコンサルタントになれると言えます。

リモートワーク可能のコンサルタント案件について

平時からの案件継続意識が大切であるとする一方で、先述のとおり環境の変化の影響を受けづらいリモートワークの案件は非常に魅力的と言えます。そこで、弊社サービスにおいて過去に取り扱っていたリモートワーク可能のコンサルタント案件事例を具体的にご紹介します。

-案件1.屋外広告に関する技術・ビジネス動向の先端事例リサーチ

案件概要:屋外広告の視聴データの分析サービスを提供しているクライアントの次年度の新サービス検討に向けて、DOOH(屋外型広告)の視聴者推計に関する技術概要、機能、利用シーンなどの先端的な事例を調査します。

主な業務内容:デスクトップリサーチにて海外を中心とする先端事例を調査し、報告レポートとして取りまとめます。

-案件2.位置情報を活用した技術・ビジネス動向の先端事例リサーチ

案件概要:位置情報を活用したデータサービスを提供しているクライアントの次年度の新サービス検討に向けて、海外を含めた位置情報関連のデータ活用技術動向およびビジネス事例を調査します。

主な業務内容:デスクトップリサーチにて海外を中心とする先端事例を調査し、報告レポートとして取りまとめます。

-案件3.EHS事務局のあるべき姿の策定

案件概要・業務内容:国内/海外の製薬業におけるEHS/CSR/BCPの動向調査と報告書作成を行います。また、海外企業からの受託での医薬品製造時のEHS/CSR/BCPの要求事項調査&報告書作成を担当します。またその他、あるべき姿の策定に必要な調査&報告書作成を行います。

-案件4.ECサイトの刷新プロジェクトの業務運用テストPMO

案件概要:3月のシステムリリースに向けて、業務側のテスト、現行業務フローの修正等の支援を行います。体制としてはクライアント側は運用、UAT、業務、開発の4チームが関わり、運用チームのメンバー4名のサポートとして参画します。

主な業務内容:テストシナリオの作成・修正フォーマット作成、テスト実施時のサポート、テスト進捗管理、テスト結果報告書の作成、業務フローの修正、各種進捗報告、会議のファシリテーションなどを行います。

上記の事例は当サービスで扱っている案件の一部です。また、コロナウイルス関連のBCP/DR対策のコンサル案件も取り扱っております。このような業務やリモートワークでのフリーランスコンサルティング業務にご興味のある方は、案件紹介サービスのWithConsulをご利用ください。

また、リモートワーク導入サポートを行うコンサルタントをお探しの企業様は、こちらからご連絡ください。

おすすめの記事